沿革

昭和22年10月 興建産業株式会社設立、コンクリート製品の製造を開始
昭和32年  7月 東京都府中市南町に東京工場開設
昭和43年  6月 神奈川県相模原市に神奈川工場開設
昭和45年  4月 ボックスカルバートの製造を開始
昭和48年10月 茨城県猿島郡に北関東工場開設
昭和52年  7月 埼玉県浦和市に埼玉営業所開設
昭和53年  3月 ボックスガレージが建設大臣認定となる
昭和57年11月 北関東工場にインターロッキングブロック製造ライン完成
昭和62年  7月 KLウォールが建設大臣認定となる
昭和63年12月 資本金を1億円に増資
平成  2年12月 クケイホール(社)日本下水道協会Ⅱ類認定となる
平成  4年  6月 二次製品防火水槽(財)日本消防設備安全センター認定となる
平成30年  5月 KLウォール3型(大地震タイプ)が国土交通大臣認定となる